美髪習慣|ノンシリコンシャンプーはきしむ?ノンシリコンシャンプーのメリットとデメリット

ノンシリコンシャンプーはきしむ?ノンシリコンシャンプーのメリットとデメリット

ノンシリコンシャンプーはきしむ?ノンシリコンシャンプーのメリットとデメリット

ノンシリコンシャンプーは良いと聞いて使ってみて、今までのシャンプーとの違いに?と感じている方もいると思います。

 

ノンシリコンシャンプーが髪に良いというのはよく聞くけれど、実際のところ何が良いのかよくわからないという方もいるのではないでしょうか?

 

 

ノンシリコンシャンプーとは?

 

一般的にシャンプーに配合されているシリコンは、刺激が少なく安全性も高く、髪のキューティクルをコーティングして、指通りをなめらかにする効果があります。このシリコンが配合されていないものが、ノンシリコンシャンプーです。

 

ノンシリコンシャンプーのメリット

 

では、このシリコンを含まないシャンプーには、どのようなメリットがあるのでしょうか?

 

カラーリングやパーマのかかりと持ちが良くなる。

 

ノンシリコンシャンプーの最大のメリットは、カラーリングやパーマのかかりが良くなることです。

 

シリコンには、髪のキューティクルをコーティングして髪を保護するので、シリコン配合のシャンプーを使っていると、カラーリングやパーマの薬剤が髪に浸透しにくくなります。また、シリコンの重さで髪がのびて、パーマが取れやすくなるともされています。 それに対して、ノンシリコンシャンプーはシリコンが髪をコーティングしないので、カラーリングやパーマの薬剤が髪に浸透して、その後の持ちも良くなります。

 

髪に軽さが出てくる

 

シリコン配合のシャンプーは、シリコンの重さが髪に加わり、髪の細い方などは重く感じることがあります。ノンシリコンシャンプーなら、髪が細い方でもふんわりとした髪型を作ることができます。

 

ノンシリコンシャンプーのデメリット

 

ではノンシリコンシャンプーのデメリットについてです。

 

髪がきしむ、手触りが悪くなる

 

シリコン配合のシャンプーからノンシリコンシャンプーに変えると、シリコンのコーティングが取れてしまうので、髪がきしんだり、手触りが悪くなると感じる方もいます。

 

.

髪のダメージが進行することも

 

シリコンのコーティングがないと、シャンプー時に髪同士の摩擦で髪のダメージが進行してしまう事があります。

 

また、ドライヤーやヘアアイロンも髪がダメージを受けやすくなります。こういったデメリットの対策として、シャンプー時には髪をそっと洗う、トリートメントやアウトバストリートメントなどをしましょう。 ノンシリコンシャンプーのメリットとデメリットを理解してうまく使っていきましょう。

 

きしむノンシリコンシャンプーときしまないノンシリコンシャンプー

 

髪のきしみを感じるのは洗浄成分(界面活性剤)の違いも

 

ノンシリコンシャンプーでもきしみを感じるシャンプーと感じないシャンプーがあります。

 

シャンプーしてきしみを感じるのは、シリコンの有無だけでなく、シャンプーの洗浄成分の違いもあるのです。

 

市販のノンシリコンシャンプーは、価格を抑えるために、高級アルコール系洗浄成分が利用されています。高級アルコール系洗浄成分は洗浄力が強いので、汚れと共に必要な頭皮や髪の皮脂まで落としてしまい、髪の毛がきしんでしまうのです。

 

それを補うために、リンスやコンディショナーにシリコンを配合してきしみを感じさせない製品も多いのです。

 

きしまないノンシリコンシャンプーを選ぶ際には、シリコンの有無だけでなく、シリコンが不要な成分で作られているシャンプーを選ぶと良いのです。

 

きしむ原因となる高級アルコール系洗浄成分を使わず、洗浄力がマイルドで必要な皮脂量をキープできるアミノ酸系のシャンプーを選ぶ事がポイントです。

 

ダメージ補修訴求バナー

トップへ戻る