美髪習慣|石鹸シャンプーきしむ?石鹸シャンプーのメリットとデメリット

石鹸シャンプーはきしむ?石鹸シャンプーのメリットとデメリット

石鹸シャンプーは髪がきしむ?石鹸シャンプーのメリットとデメリット

 

石鹸シャンプーとは

 

一般的な高級アルコール系シャンプーには、コーティング剤など色々な添加物が入っているので、洗い上がりは髪がしなやかに感じます。しかし指通りの良さと引き換えに髪が重くなり、髪のボリュームが出にくいなどのデメリットもあります。

 

石鹸シャンプーは、シリコンや髪を柔らかくする成分などが配合されていないので髪本来のコシがでて、髪がボリュームアップする効果が望めます。

 

さっぱりとした洗い上がり

 

石鹸シャンプーは、頭皮のタイプが普通肌、脂性肌の方にはさっぱりとした洗い上がりでちょうど良い洗浄力といえます。

 

また、頭皮の匂いが気になる場合、頭皮に残る酸化した皮脂が原因ですが、皮脂汚れなどは弱酸性なので、弱アルカリ性である石鹸で洗う事で汚れが良く落ちます。

 

しっかり皮脂汚れを落とす洗浄力は、石鹸シャンプーのメリットです。

 

また、原料のほとんどが植物性油脂で、余計な成分も加えていないので為、低価格なのも魅力です。

 

石鹸シャンプーのデメリット

 

髪のきしみ、ごわつき

 

石鹸そのものが弱アルカリ性ですから髪のキューティクルが開いてしまい、シャンプー後は髪がきしみます。

 

その為やや洗い流しにくいと感じる方も多いでしょう。

 

また髪にコシがでる一方で、シリコンなどの添加物が入っていないので、髪が膨らんだり、毛先がまとまりにくく感じる事があります。

 

対策として、酸性のリンスでキューティクルは閉じるので良くなります。

 

また、カラーやパーマ、髪のダメージが気になる方には不向きです。 弱アルカリ性で、カラーやパーマが落ちやすい特徴があります。

 

石鹸シャンプーを使うときは、きちんと泡立てて洗い、きちんとすすぎ、リンスを使用すればこれらのデメリットが気になる事は九区ないでしょう。

 

一般的なシャンプーは、洗い方が不十分でも気になるデメリットは感じにくく、髪の長い女性の方がデメリットを感じやすく、髪の短い男性は感じにくい傾向があります。それでも一般的なシャンプーに比べると扱いが難しいと思われるのかもしれません。

 

 

トップへ戻る